動物や植物に癒されます

明日から雨の日が続く予報なので、宝山の富士協生果樹農園に植えた果樹を観に行きました。

昨年秋に植えた2年生苗木の梅は花が咲いているものがありました。

立派な大きな花です。

こちらは、昨年春に植えた1年生苗木の梅です。2年生苗木と比べると花が小さいですが、この子はいっぱい咲いていました。少ししか咲いていないものや、全然咲いていないものもありました。梅以外は花は咲いていません。まだまだこれから新芽が出てくる感じです。

先日ベンチを作って置いた林の奥の桜は蕾が少し膨らみました。ぷっくりしています。

昨年植えたシマラッキョが元気です。そのまま生で葉も全部食べられます。

宝山から見た富士山です。

宝山から降りる途中に赤く目立つ植物がいました。この写真には写っていませんが立派なトゲがあります。てっきり美味しいキイチゴだと思い、植物に詳しいYさんにメールでお聞きすると、「ノイバラ」という返事です。ちょっと残念ですがきっと美しい花を見せてくれると思います。

本館前広場を囲んでいるドウダンツツジの垣根から、スイセンが顔を出しています。

今年初めてタンポポを見ました。しゃがみ込んで撮るとアリンコが出て来ました。おじゃまします。

事務所に戻ると親しげに近づいてくるネコがいました。皆んなに可愛がられて人懐っこくなったようです。

こちらの子は心を許し切っていない凛とした姿が良いです。洋風なネコなのでヨーロッパの景色に見えます。

羊さんのおまけです。

朝は姿が見えませんでしたが、夕方は写真が撮れる場所に移動して来ていました。まだ小さい子です。

夕暮れに向かって歩く姿が良いですね。

この子はトコトコと近づいて来てくれました。皆んなだんだん白い毛が土色になって来ました。外で寝てるもんね。汚れてくるよね。でも可愛いです!

コロナ疲れと言われていますが、こんな時だからこそ、少しでもホッとするような、一瞬でも笑顔になれるような写真を撮ってお届けしたいと思います。植物や動物、自然の力は素晴らしいです。

今日も一日ありがとうございます。