かわいい野菜の芽が出てきました

8:17 精進川の畑に向かっています。太陽の光で富士山の左側が光っていました。

久しぶりに全身を見ます。富士山ありがとうございます。

8:55 畑に到着すると、一番に目に入ってきたのがスターオブベツレヘムの群生です。

駐車場にも畑にも咲いています。畑の草刈りに来ましたが、スターオブベツレヘムの群生は残しました。他の植物さん、えこひいきしてごめんなさい。

今日は女性5名で来ました。私は草刈機で畑の中の通路の草刈りです。特に畝(ウネ)と畝の間の通路がわかる様に刈りました。後、畑の周りは1m幅の通路にしていますが、石垣が積んである際は石に当たらない様に慎重に刈りました。後の4名は果樹の周りに植えたジャガイモのまわりと野菜の種を蒔いた場所の草を手がまで刈ったり手でちぎりました。

9:50 あっという間に一時間近く経ちました。草刈機での作業は終わったので、皆んながいる畑に移動しました。一週間前にギックリ腰が治ったばかりなので無理しない様にします。富士山は昨日の雨で雪が少し積もった様です。

ジャガイモです♪♪

きれいな花です。先日撮ったネクタリンかなと一瞬思いましただ色が薄いです。 何と、アーモンドでした!

アーモンドの花が健気に咲いています。

文旦(ブンタン)です。

ヘビイチゴの花です。

結構ジャガイモを植えていました。普通ジャガイモを大きくするために芽かきをしますが、小粒でも良いので自然のままにします。

ジャガイモの周りの草刈りを済ませた彼女達は、野菜の種をばら蒔いた場所の草刈りというか草取りにかかっています。

雑草と野菜の芽が混じって生えてきています。

シュンギクとサニーレタス。本当に小さくて生まれたてです。

こちらもサニーレタスと何かのレタス(ベリーリーフというミックスされた種を購入)。

結構広い範囲で出ています。キク科のシュンギク、レタス、セリ科のニンジンは強いので期待します。もう少し大きくなったらレタスはいろんな場所に移植しようと話しています。ニンジンはまだですが、ハツカダイコンやカブの芽も出ています。

野菜のそばにセリが出ていました。

 

畑から富士山が眺められるのは贅沢です。

 

果樹の根元にばら蒔いた野菜の種の所も雑草の上の部分を刈り取ったりちぎったりしました。手前左がスナップエンドウ、右はジャガイモです。

果樹の根元は野菜の種のミックスをばら蒔き、果樹から少し距離を置いてジャガイモを両サイドに植え、つるありスナップエンドウは果樹の周りに50cm以上は開けて4箇所に種を植えました。お互いが絡んで支え合えば良いと野人さんが言ってましたが、念のために枝付きのササを真ん中に2本ほど刺して支柱にしようと話しています。左のスナップエンドウは右のャガイモより大きいです。

きれいな若葉です。

名札を見るとアンズでした。

 

13:10 富士聖地の富士協生果樹農園です。もう一人の地元協生農法仲間の一番若手の女性が動き始めました。林の入り口手前の場所をコツコツ芝を剥がし、ススキを掘り起こし、果樹と様々なハーブを植えています。昨年はハーブの花が本当に美しかったです。仕事をしているので貴重な週末に荒地で協生農法を実践されています。本当にありがたいです。

昨年の9月にソニーシネコカルチャーの舩橋さんのグループが来られた時も、彼女が頑張っているこの場所を褒めていました。

ソニーといえば、4月2日の野人さん(協生農法提唱者:大塚 隆さん)のブログ(野人エッセイす)で紹介されていましたが、ソニーグループ株式会社が新会社「株式会社SynecO」を2021年4月1日に設立しました。シネコ、つまり協生農法など拡張生態系に関連、環境技術に特化した事業を推進する組織です。
代表取締役社長は、野人さんの弟子で五井平和財団で講演され、昨年9月に富士協生果樹農園に視察に来られた舩橋真俊さん(原人さん)です。
ソニーの北野宏常務が「一刻の猶予もないという認識のもとで、ここに新会社を発足します。」と言っています。ソニーの本気度が伝わってきます。
ぜひご覧ください。

https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/202104/21-029/

 

野人さん、原人さんおめでとうございます。

 

今日も一日ありがとうございます。

地球さんありがとうございます。

 

 

前の記事

ヒツジさん、ありがとう!