寒い日が続きます

昨日は晴れましたが、なかなか雪が解けませんでした。

昨日の家の前の景色です。木々にも車にも雪が積もっています。

気温が低いのでゆっくりと解けてゆきました。

 

今朝の富士山です。

気温が低く風も冷たいです。地面の雪はだいぶ解けています。

雲の形が風に流されてどんどん変わってゆきます。

10分後の牧場からの富士山。

大きな鳴き声が聞こえるので見ると、遠くの方で、例のあの子が、仔牛のような模様のあの仔羊が鳴いていました。いつも思うのですが、なぜ動物の赤ちゃんの鳴き声は小さな体なのに遠くまで聞こえる信じられないくらい大きな声なのでしょうか?人間の赤ちゃんも大人には出せないようなすごい泣き声を出しますし、泣いていなくても小さな子供の笑い声やはしゃぎ声はものすごく大きく響きます。これは親に自分の居場所を教える為だけでしょうか?きっと意味があるのだと思います。小さな小鳥でさえ、森に響き渡る鳴き声です。体の面積に比べ音量が大きくて不思議です。

だいぶ大きくなった子も親について歩きます。

左のお兄ちゃんに比べると右の子はまだ小さいです。

まだ赤ちゃんですね。

座るとますます小さく感じます。

また雲の形が変化しました。

ムスカリの花です。蕾の頭の星マークが開いて、一番下の花の形のように開いてゆきます。

 

午後4時過ぎの牧場です。

親について必死で走っています。

ジャンプしながら走ります。

元気です。

雪の日のかわいそうな姿が嘘のように、元気にかけています。

親と同じように草をはみます。

一生懸命草を食べています。

健気に親の真似をして草を食べていますが・・

すきあらば、お乳を呑みます。本当はミルクが大好きなのです。

こんなに小さいのに草を食べています。

私達、本当はミルクが欲しいです。でもお母さんはなかなかくれません。仕方なく草を食べています。ミルクの方が美味しいのにと言っているようです。 厳しいね。

ここまで育てばもう大丈夫。わざわざ挨拶に来てくれました。

 

夕方6時前の富士山です

今日は風の強い寒い一日でした。

明日はお休みを取って、暖かい富士宮市の方に行きます。